MENU

お役立ちコンテンツ「職務経歴書の書き方」

職種別の職務経歴書サンプルとフォーマットをご用意しております。企業のニーズに合った職務経歴書を作成しましょう。

職務経歴書は「自身のキャリアやスキル、経験の深さ」などを詳細に記載することで、企業に対して貢献できることをアピールするための手段です。

履歴書とは違い、職務経歴書には決まったフォーマットはないため、表題や見出しなどを工夫して希望する企業にあわせた具体的な実績やアピールポイントを記載することが重要です。ここではあなたの魅力を企業へ的確に伝えるため、職務経歴書の作成に欠かせないポイントをご紹介します。

職務経歴書サンプル

  1. 最初に「職務要約」や「経歴要約」など、これまでの職務経験から、応募する企業で活かせるポイントを強調した要約文を3~5行程度で記載します。
  2. 古い経歴から順に、勤務先企業の概要などを記載していきます。
    応募する企業で直近の経験が活かせる場合は、新しい経歴から順にさかのぼって書くことも有効です。
  3. 具体的な職務内容を、箇条書きで端的にまとめます。
    取引先の会社名などは、社外秘でない限り可能な限り具体的に記載します。また、マネジメント経験は小さなものでも、記載すると評価されることがありますので、必ず記載します。
  4. 自己PRはこれまでの経歴の中で、工夫してきた点や、仕事への取り組み方、考え方などを記載します。職務内容に記載できなかった点を補足できる内容がよいでしょう。
  5. これまでの経歴の中で、応募する企業で活かせる経験やスキルについて記載します。応募する職種によっては、使用していた機器やソフトなどを記載するのも有効です。
  6. 未経験や経験が浅い職種へ応募する場合、これまでの経歴の中で、応募職種に活かせる経験を記載します。 例)人事未経験者が人事(採用担当)を希望する場合、これまでの経歴の中で、採用に関わる内容(面接への同席や新人研修など)を記載します。

職務経歴書では、ただ単にこれまでの経歴を記載するのではなく、採用担当者に伝わりやすいよう「整理・要約」して記載しましょう。企業にとってはこれまでの実績だけでなく、今後、どのような戦力になるかが重要なポイントとなりますので、これまでのキャリアのなかで「積極的に取り組んできたこと」や「自分自身の強み」についても記載するようにしましょう。
また職務経歴書のバランスに目を向けることも重要です。一部の情報量が多すぎると、見栄えが悪くなってしまい、しっかりと内容を読んでもらえないこともあります。記載すべきポイントをまとめ、全体のバランスが良い職務経歴書を作成するように心がけましょう。

職務経歴書サンプルダウンロード

職務経歴書の書き方について
ご質問、添削のお申し込みはこちら

お電話でお問い合わせ
9時~18時(平日のみ)

WEBからのお問い合わせ

詳しくはこちら

TOP